駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

2015-05-16から1日間の記事一覧

私は切符を一気に飲み込んだ

前から来る自動車のヘッドライトが眩しくて、思わず目を細めたら「おっとっとっ」みないな感じで、私は頼りなく蹌踉めいた。 昨日の暴風雨のせいで、空気に混じった異物が一切、流れ落ちたような感じがする。不思議なんだけど何だかすっきり、すがすがしい気…

駅前第四ビルの憂鬱な日常

どうやら僕は悪質なガンに、体じゅうを蝕まれているようだった。 地下四階から、地上二十五階に至るまで、残らずガンに浸食されている。末期的な症状であることは、僕自身も十分に自覚していたが、だからといって嘆く言葉もさらさらなくて、沈黙のままで唖然…