「ちりん」「こんこん」「あはは」の繰り返し

どうにか車を発車させました。 ルームミラーに手を添えて背後を確認します。社長の車が後ろにいます。いくら気にするなと言っても、どうしても後ろの社長の存在が、背後霊のようになって私にまとわりついています。