知恵の姉ちゃんといた、百万ドルナイト

私にとってのあの夜は、まさに百万ドルの価値があります。 姉ちゃんと約束した晩、私は仕事で遅くなり、帰るのが少し遅れました。慌てて通路を走ると、ドアの前に立つ人影を見つけて、足を緩めました。近づくにつれて、輪郭が鮮やかになっていきます。