得意先の社長の娘は、子どもから回復できない女であるらしい

西上電器(仮名)の社長に呼び出されて、知恵の店へ行きました。 社長は知恵を遠ざけて、奥の席に私と二人だけで座っています。 「わしにはな、四十前にできた娘がおるんや」 唐突に話題を変えました。