のろまなゴリラが、スリムなチンパンジーに求愛する

天王寺美術館の前は、まるで舞台ようです。 真上から降り注ぐ雨はシャワーのようでした。社長と私は嵐に翻弄されていましたが、ただ一人、小春だけは水を得た魚のように、嬉々として立ち上がりました。