幸福と本能の葛藤

彼と彼女がおのれの幸福のために、本能と懸命に葛藤した数時間の物語です。 暗くてじめじめした場所でした。隙間から差し込む日の光が邪魔でしかたなくて、まるで亡者が踊りだしそうな暗闇でした。そんなところが彼の住処だったのです。生きるということは、彼にとっては試練以外の何者でもありませんでした。生まれたとき…