親を捨てる娘と親に見限られた子供

淳平はなんと、役場に勤めているらしい。 ということは、私の父とは同僚ということになる。どちらにしても、この村で暮らすには、それしか方法はないのかもしれない。 「何ぃしてるんや、A子、はよう乗れや」 淳平のやつが、おかしなことを言いだした。 「え? いったい何に乗るのよ」 「決まっとるやろうが、かぼちゃの馬…