読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

歯ぎしりのパワーに驚いてはいけません

下手をすると顎を砕きます。

歯ぎしりのパワーに驚いてはいけません

嘘です。そんなはずはありません。しかし驚くほどのパワーを人間は口もとに隠しているのだけは、事実です。

歯ぎしりはイビキと並んで、安眠妨害の元凶として世間ではかなり冷たい目で見られる行為です。イビキは例えるならば、嵐です。そして歯ぎしりは地震といっても過言ではありません。

嵐や地震は男性にも女性にも平等に訪れます。自然災害なのだから当たり前のことです。しかるにうちの家内は、私は嵐や地震には無縁だと言ってききません。言い切ります。ややもするとごり押し気味に話をすり替えます。しかし私のほうも変わり者です。負けてはいませんでした。スマホで家内のイビキと歯ぎしりを録音し、まるでどうだと言わんばかりに口もとをゆがめて突き付けてやったのです。

ほら見たことか、これがあなたのイビキです。もっと言えば、歯ぎしりです。

ところがここでも家内は慌てませんでした。私じゃないと言い張るのです。どこで誰のイビキと歯ぎしりを録音してきたのかと、逆に私を責めたてました。ファイルのタイムスタンプまで確認しながらアリバイを探るんですから、まるで二時間ドラマです。

しかし私は言い切られると、弱気になるタイプです。なんとなく録音されているイビキと歯ぎしりは家内のものではないような気がしてくるんだから、不思議です。

しかも録音の仕方が悪いだの雑音だらけだのと言われているうちに、私はついに諦めました。おそらくこうして冤罪が日々、密室で生まれているのだと悲しくなりました。

私は無実です。心の中で叫んでもあと祭り、無くした信用を取り返すには、その倍の労力が必要だと家内に詰め寄られて、言葉を失いました。

そこで仕方なく、私は録音したイビキと歯ぎしりをたった一人の部屋で、菓子パンと牛乳をそばに置きながら、寂しく聞き入ったのです。

イビキにはどこか人間の温かみが感じられましたが、はっきり言って歯ぎしりにはそれがありません。

ギリギリ、カチカチ、ギシギシまるでキリギリスを口の中で頬張って、かみ砕くことができずに難儀しているようにしか思えません。

私はどう考えても、キリギリスを口の中に頬張るのだけは、ゴメンです。カマキリなんてもっと最悪です。しかし歯ぎしりのこの音色には妙に惹かれます。機械的な冷酷さを感じました。まるで映画、ブレードランナーの世界です。暗闇に響くなんとも薄気味の悪い、あの音。突然、人恋しくなって涙が出てきたとしても、驚きません。

それにしても、この歯ぎしりの主(ぬし)はよほどストレスが溜まっているとしか思えませんでした。ストレスをむんずとつかみだし、その欠片を千切っては歯と歯の間に放り込み、まるでやすりで削るが如く発散の儀式を繰り返しているとしか思えないのです。

しかし歯ぎしりは人間の証明です。人として産まれた限りは、避けては通れないイバラの道だと誰かに教えてもらったことがあります。いくら歯並び最高と周囲の皆が認めたとしても、人間には微妙なズレというものが存在します。定めです。

噛み合わせのズレ、夫婦間のズレ、頭の中の細胞と細胞のズレズレズレ。

歯ぎしり

人はそれをプライバシーと呼んで決して公にはいたしません。しかしこうなったら、ありのままを受け入れるしかないのです。

人間は睡眠中、無意識に歯と歯を嚙み合わせる習性を、神から与えられてしまったしもべです。美人もイケメンも、あなたも私も、それからいくらしらを切ったとしても家内も皆、平等に歯ぎしりをひねり出すチャンスに恵まれたアダムとエバでしかありません。

それを医学用語では「ブラキシズム」と呼んでいます。

プライバシーに医学用語までついているなんて、不審に思った方もいらっしゃるとは思います。しかし何をどう改ざんしたとしても、誰もが寝ているあいだに何度となく歯を噛みしめている事実だけは変わりません。

そのさい、歯のかみ合わせがよい人ほど音が出にくくなります。もしくは極々、小さな音しか発生しません。

このあたりは、オナラのメカニズムとあまりにも似通っていて、人体の神秘を感じずにはいられないところです。しかし噛み合わせの悪い人は、悲惨です。悪夢です。歯と歯が擦れ合って異音が始まり、やがてそれが共鳴すると大きな振動となってそばにいる者の鼓膜を揺らすわけです。金輪際そばにいる者は、寝られません。

しかも歯ぎしりは他人への迷惑だけにとどまらず、本人も多大なる被害を被ります。まるで中国の環境問題の如く、悪しき宿命を背負った奥歯のあたりが汚染どころか根底まで揺るがされる問題まで引き起こすのです。

奥歯がすり減る、歯がグラグラする、あるいは顎が疲れる、むやみに抜ける、顔の下半分が陥没するといった悪夢に近い症状が起こります。それも当然の報いです。歯ぎしりをしている最中に歯にかかる力はなんと、60~80キログラムもあるんだから仰天ものです。

堅焼きせんべえを食べるときでさえ、歯にかかる力は30キログラムといわれています。その2~2.7倍もの力で歯を食いしばったり、すり合わせたりするのが、歯ぎしりです。怨念の塊を口に含んで眠るエジプトのミイラのように、我々人間には安眠は決して許されないのかもしれません。

ゆめゆめ、他人のイビキや歯ぎしりを録音して突き付けるような真似だけはしないでください。しらを切られて逆切れの末に数々の尋問を受け、あらぬ疑いまで膨らんでしばらく口をきいてもらえなくなるのがオチ、他人を思いやる気持ちだけは絶対に忘れないようにしてほしいと、心から願う午後でした。

くれぐれも顎のあたりの異変には気をつけてください。さまざまな弊害が出ても不思議ではありません。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

ショッパーズアイ 空いている時間を利用して、お店を覆面調査します。覆面調査員として活躍してみませんか。楽しい経験とお小遣いも稼げます。登録は無料なので、気軽に始められます。


原一探偵事務所 どうしても、真実を暴きたい。各種調査のお見積もり、ご相談(電話かメール)が無料です。24時間、365日受付中です。あなたは決して、独りではありません。


この記事を気に入ってくれた方には、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

www.8ssan.com

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。