読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

村唯一の風俗店が、ついに開店します

さあいよいよ決勝戦が始まった。

村唯一の風俗店が、ついに開店した

健次と淳平は腰を落としてにらみ合う。

気合とともにむっつりスケベの淳平が健次の懐へ飛び込んだ。

健次は両腕を使えない。胸を反らして踏ん張るような体勢で、迎え撃とうとしている。

だが淳平はなかなかの巧者で、相手の足をとって倒そうとした。

そうはさせじと健次が淳平の肩を押しのけて、めいっぱいの圧力をかけながら上からつぶそうとする。

「むっつりスケベの淳平」からの続きです。前の記事から読んでもらったほうが分かりやすいですが、この記事だけでも完結しているので、問題はありません。 www.8ssan.com

ところがそのとき、健次が予想外の叫び声をあげた。

『痛い痛い痛い』
それを聞いて、驚いた私と辰男は二人のそばに駆け寄った。

『健ちゃん、いったいどうしたんや』
辰男が声をかけても、とにかく痛い痛いの連発で、なにがどうなったのか状況がまるでつかめない。

健次は尻もちをついていたんだけど、淳平のやつはいまだに彼から離れようとはせず、太もものあたりに顔を埋めたままで、体をぶるぶると震わせていた。

しかもよく見ると、むき出しの歯が健次のももに食い込み、淳平の首筋には細い血管が見事に浮き出ていた。

どうやらかみついているようである。

『淳平、なにぃしてるのよ。もうやめなさい』
私がそう叫ぶと、ようやく淳平は健次のもとから離れたが、その場に突っ立ったままで、興奮しきったまなこをぎらぎらさせていた。

『反則や、相撲でかみつきなんて、聞いたことがないわ』
健次は半べそではあったが、しっかり自己主張することを忘れてはいなかった。

『ほんまや、ひきょうやぞ、淳平』
辰男も健次の味方についた。

『取り直しがいい。でないと淳平も納得できないと思うから』

結局、私の意見がいれられて、彼らはもう一度、相対することになった。

『今度はかみつくなよ』
健次が念を押した。淳平は返事もせずに、ものすごい形相で健次の顔をにらんでいる。

ほんとに危ないやつだ。

行事の辰男が合図をすると、二人は勢い込んでぶつかり合った。

かみつくことを禁じられた淳平は、それでも歯をむきながら健次の足を取ろうとした。

相当な熱戦だったと記憶している。

それまで私は相撲なんかに興味はなかったんだけど、このときからテレビ中継を見るようになった。

結局、最後には善戦むなしく淳平は倒されて、健次の勝ち誇った笑い声が河原に響いた。

淳平はよほど悔しかったらしく、うずくまったままで声を押し殺して泣いていた。

『ようやったな、淳平。お前を二番にしたる。ええな辰男、文句はないやろ』
この内容からして、当然のことだと思う。

辰男は多少、不服そうな顔を見せたが、あらためて淳平と相撲をとる気はないらしく、最後には健次の決定に従った。

さて、いよいよである。彼らが私の前に進み出た。

『キッスをくれ』
健次はそういってから、右手を私のほうに差し出した。

手のひらには鈍く光る十円玉が載っている。私はそれを受け取って、ポケットの奥へしまい込んだ。

『目をつぶってくれないかな。でないと健次の顔が怖い』
たとえ子供といえど、あの血走ったまなこを間近に見せられたんではたまらない。

幼い私にとってはまさしく、ヘビやトカゲのたぐいである。

しばらくためらったが、それでも最後には覚悟を決めて、しかたなく健次に近づこうとした。ただしここでも、問題は山積みである。

健次は唇を突き出して、やけに舌でそれをなめ回している。

その様子を眺めていると、雨の日に庭中に張りつくなめくじを思い出し、さすがに気持ちが悪くなっていったん身を引いた。

だけど逃げ場はどこにもなかったし、彼ら三人の性根の悪さからいって、私がこの場を放棄すれば、手ひどいしっぺ返しを食らうのは目に見えていた。

そうなると黙って従う以外に道はなかったが、私は追い詰められたら、たいてい不自然な行動に出る。

『もう少し、かがんでよ』
私の要求に対して、健次は目をつぶったままでひざを折った。

彼の格好はあまりにも無防備な態勢としか言いようがなく、しかもどこまでもまぬけな顔で、私のキッスを待っている。

そんな健次に向かって私はキスではなくて、こん身の力を込めた拳をぶつけてやった。

しかも二度までは覚えているが、それから先の記憶はあのときも、大人になった今でも、まったく覚えていない。

『なにをするんや』
健次もようやく自分が被害者であることを悟ったらしく、私に向かって激しく抗議をし始めた。

『女の子におかしなことをしようするからや。たたりがあるかもしれん。あしたになったら、唇が腫れるわ』

このたんかは彼らには相当な効き目があった。

おびえたような目をぱちくりさせ、三人そろって私の前に整列した。私は辰男と淳平からも十円玉を取りあげて、そこに座れと命令した。

そのときの彼らはまるで、上品なシバイヌのようだったと記憶している。

『三人とも目をつぶれ。私がいいというまで動いちゃだめ』
私はそういったあと、彼らの額に唇をつけた。

汗の浮いたおでこは多少の不快感を伴っていたが、なめくじのような唇よりはずいぶんましだと思った。

『もう目を開けてもいいよ』
『なんや、おでこか――』 健次が不服そうな声を漏らしている。辰男と淳平はただぼう然としていた。

『順番はおれが一番やったやろうな』
健次はいまだにそんなことにこだわっている。

『みんなが一番だよ』
『そんなはずはない』
健次はしきりに不平をたれた。

だけど実をいうと、迷ったことは事実だが、私は健次の額に一番先に唇をつけた。

『よし、次は交代や』
『なにが交代なのよ』
『店員とお客さんが入れ代わるんや。今度はA子がお客さんになれ』

どうやら彼らが懲りる様子は、まったくないようである。

『そんなのずるい』
『いったいなにがずるいんや』

『私からまた、お金をまきあげるつもりでしょ』
唇を売った三十円には結構な執着があった。

『交代せぇへんほうがずるいやろ。いくらお客さんでも、いつまでもお金は続かんもんや』
健次の理屈には納得する部分もあったんだけど、やっぱり私には割り切れないものが残っていた。

『だって、買う買わないはお客さんの自由なはずだよ。私はみんなのパンツなんていらないもん』

理屈は通っているはずだった。

長くなったので、「パンツを買え」に続きます。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。 www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。