読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

魔方陣の中心で

次はあれじゃ、淳平は自慢げにメリーゴーランドを指さした。

魔方陣の中心で

そこにもご丁寧なことに、ゴマのような豆電球が山ほど振りかけてあった。

「あんなもん、いったいどこから調達してきたのよ」
駅前の電気屋さんの倉庫を調べてみても、ここまで大量の豆電球があるはずもなく、それからすれば、きっと淳平はどこかでかすめ取ってきたに違いない。

なんだか犯罪のにおいがした。

「凱旋門みたいなもんやと思うてくれたらええわ」からの続きです。前の記事から読んでもらったほうが分かりやすいですが、この記事だけでも完結しているので、問題はありません。

www.8ssan.com

すぐそばにある淳平の腕に鼻先を近づけて、くんくんなどといいながらにおいをかいでやった。

「クリスマスになると、大きなツリーがここに立ってたやろ」
「うんうん、あったあった」
「あの飾りを失敬してきたんや」
「そんなことをしてもいいの。公務員でいられなくなるよ」

「大丈夫や。今やおれはこの村の青年団長や。たいていのことは許される」
こんなやつが何人も村にいたんでは、村存続の危機である。

「はよう乗れ、A子」
淳平が背中を押した。

「大丈夫? ほんとに動くの」
「試運転したから、問題ない」

はっきり言って、あまり気が進まなかった。なんとなくいやな予感がしたし、まさか爆発することはないだろうけど、機械にかみつかれるおそれは十分にあった。

「ほら、はよう乗れ」
やつはあまりにも強引で、人のことなどまるで考えない――だけど淳平ってこんなやつだっただろうか、私の違和感はどんどん強くなっていく。

「よっしゃええぞ。動きだしたら馬車の上から、下駄を放り投げてみろ」

なにが目的なのかはよくわからなかったが、淳平はどこまでも過去の遊びを再現しようとしている。

ありがた迷惑のような気もしたんだけど、とにかく私はおとなしく淳平に従った。

「ええぞ、スタートや」
大きな声で淳平が合図をした。

それと同時にあちこちからおかしな音が聞こえてくる。がらがらごうごう――こりは、あまりにもうるさすぎる。

「帰ってきたシンデレラは、馬車の上から真っ赤な鼻緒の下駄を投げ捨てる、なかなかええ感じや。NHKでもこんな手の込んだことはせんやろ、ざまあみさらせじゃ」

ばかばかしい――とは言いながらも、ドラマ仕立ては都会ではついぞ味わえなかった贅沢であったのは、事実である。

こうなったらガソリンのにおいとともに、円盤の上をゆっくりと回ってみるのもおもしろいかもしれない、と思い直した。

ダンプカーがそばを駆け抜けていくような爆音が、お尻の下にある。

しかも体は上下に激しく揺れて、魔方陣の中央でようやくメリーゴーラウンドが蘇った。

真ん中の円柱には鏡が張りつけられてあり、豆電球の明かりがそれを目指して集まってくる。黒い画用紙の上に、絵の具を散らしたかのような空間がそこにはあった。

「A子、いよいよや。下駄を放り投げてみろ」
淳平のやつは円盤の上に乗ろうとはせず、メリーゴーラウンドの周囲を懸命に走っていた。

「すごいすごい。淳平、こんなのって初めてだよ」
手を振りながら、大きな声を出した。

淳平は必死な形相で馬車を追いかけてくる。

私はやつから懸命に逃げるしかなかった。

回るものに終点はなかったし、感覚的には元に戻るとはとても思えなくて、このまま行くとどこかへ連れて行かれそうな気がして、むやみやたらと怖くて、そのくせどうにかなりそうなほどわくわくした。

「ほらほらほら、早く投げんかい」
淳平の叫び声が合図になった。

私は腰を浮かせて下駄を脱ぎ、それを手にとって頭上に大きく振り上げた。

「いくよ、淳平、拾ってこい」
やつに向かって下駄を投げつける。ところが狙いはずいぶん逸れて、象の長い鼻に当たって、それからキリンの足もとに転がった。

「早く早く、キリンに盗られちゃうよ」
「わかった。誰がキリンなんかに負けるもんか」

淳平はがんばってはいたが、苦戦中である。どうも思うようにはいかないらしい。

「こっちまでおいでよ。そんなところからじゃ、とても届かないよ」
どうもやつの動きは鈍かった。

「おれはぐるぐる回るもんは、あんまり好きやない」
「怖いのか、淳平」
 ひときわ大きな声で私は叫び声をあげた。

「怖くなんてないわい」
負けじと淳平もやり返した。

「それならこっちへ来てみろよ」
「ようし、行ったるわい。そのかわり、どうなっても知らんからな」

先にいっとくけど、私のほうがもっと知らないからね。

やつは勢いよく飛び上がり、円盤に乗り込んだまではよかったが、そのあとキリンにつかまったままで動けなくなってしまう。

「なによその格好、腰が引けてるよ」
とにかく一、二分、メリーゴーラウンドが止まるまで、淳平の体はそのままの体勢を保ち続けた。

しかも情けないことに、真っ青な顔をしながら全身を小刻みに震わせている。

「あぁあ、だめなやつ、そんなことだから健次や辰男にいつも先を越されるんだよ」
ため息をつきながら、私はやつのことをひどくなじってやった。

どうやら淳平はそれが気に入らなかったらしく、むすっとしたままで足もとの下駄さえも拾おうとはしなかった。

「なにぃしてるのよ。早くガラスの靴をはかせてよ」
「そんなもん、自分で拾って履け」
やつはいきなりの捨てぜりふ、円盤からおりて発電機のほうに向かって歩き出した。

私は仕方なく、自分で下駄を拾ってあわてて淳平のあとを追いかけた。

「ごめんごめん、ちょっと言いすぎた。いまだに昔の調子が抜けないみたい」
それにしても、難しいやつだ。

私はしおらしい態度で淳平の機嫌をとり続けた。

なのに淳平は後片付けの手を止めることもなく、さっさと発電機のエンジンを停止させる。そのとたん、先ほどまでうるさいほど騒いでいた空間が、何事もなかったかのようにひっそりと闇の中にとけ込んだ。

そこらじゅうにあった電気の星だって跡形もなく消えてしまい、なんだかそれがすごく寂しくなったもんだから、淳平の顔をにらみつけてやったんだけど、あいつはそんな抗議に対してもまったくの無視を決め込んだ。

「これだけ謝ってるんだからさ、もう許してよ。ねっ、淳平」
しゃがんでいる淳平のそばに近づいて、やつの肩に手を置いた。

それでようやく淳平は顔を上げてこちらを向いた。

だけど私はそこではっとした。やつの視線はどきっとするほど真剣なもので、どうやら私にしても、顔からふざけた笑いを消すしか仕方がない。

「ごめんね」
もう一度謝った。

それでも私にはなぜ、淳平が急に怒りだしたのか、そこんところがまったくわかってはいなかった――これって、単なる遊びじゃなかったのか?

「いや、おれのほうこそ悪かったわ」
確かに、私もそうだと思う。
「ちょっと熱ぅなりすぎた」
淳平の低い声は闇間を漂う虫のようで、すぐにも消え入りそうな気がして、私はあわてて耳をそばだてた。

「きょうは本当にありがとうございました」
間が持ちそうになかったので、改まって頭を下げた。

淳平にしたって素直な態度を見せてくれたわけだし、そうなると、私もやっぱり悪かったと反省するしかない。

いくら幼なじみでも、最近はほとんど会うこともなかったわけだから、あんまりひどい言いようはよくなかったと思うし、あれではまるで淳平は犬扱いだった。

「夕方ね、淳平がいきなり私の前に現れて、なんだかおかしな感じがしたの。あのころの淳平が、私の記憶の中から飛び出してきたっていうのか――とにかく、少し悪のりしすぎたみたい。あれじゃあ誰だって怒るよね」

私はしおらしい態度を見せながらも、やつの顔色を慎重にうかがった。

「なにをいうとるんじゃ。そんなんやないわい。おれはA子のげたを拾いたかった。お前の生意気な口も嫌いやない。気にすんな」

そんなことをいいながら、淳平はいきなり立ち上がった。

「じゃあ、いったいなにが気に入らないのよ」
まったく理解できないやつ。

「そんなことはもうええわい。それより次じゃ、メーンプログラムが待っとるぞ」

まだ続きがあるの――正直なところ、うんざりした。

長くなったので次の記事に続きます。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。