駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

乳首はブローチでもピアスでもない

男が男性を好きになって、子供が欲しくなる。

乳首は乳首でも、男の乳首はいったい、何のためにあるのだろう

砂漠で飲み水を欲しがるように、私はあなたを愛しています。どうしようもなく、好きなんです。そんな無二の相手が不幸にも男だったとしたら、今の社会ではかなりの制約を受けます。

しかし重い枷をかけるのは、社会だけでしょうか。お父さんやお母さんはどう思うでしょう。身内の目を気にしたりはしないのでしょうか。

まるで超難解なダンジョンに迷い込んだ、世界を救うべき主人公の如く、数々の難関を面の皮の厚さと詐欺師的な話術で運よく、クリアできたとしても、最後に立ちふさがるラスボスは、想像をはるかに超えた強力な相手になることは自明の理です。

乗り越えるべき相手は自然の法則だったのです。

精子と精子で子どもを作る方法はあるのか。果たして精子は愛する人の精子を、あなたと同じように愛することができるのか。

仮に精子同士の交配を、アンドロイド的な解決策を用いてクリアしたとしても、子宮はいったいどこにあるのでしょうか。

母さん、僕のあの子宮、どうしたでせうね? ええ、夏 碓井から霧積へ行くみちで、渓谷へ落としたあの子宮ですよ。というような、人間の証明ではなくて、子宮の証明になったとしても、文句はありません。

ただし、あらぬ進化か人工的な産物にしろ、子宮を大腸の近辺に配置するのだけはやめてもらいたいと強く進言します。赤ちゃんがクソまみれになります。

たとえクソまみれを我慢して、すべての難関を超えるだけの愛情を彼と愛する彼が手に入れたとしたら、もう誰も文句は言いません。難癖もつけません。子どもはおそらく天の授かりもの、たとえ男同士の間に産まれてきた稀有な赤ちゃんであったとしても、神の祝福は平等に受けられます。

しかしそうなったら大変です。アダムとエヴァが口にした毒リンゴが再び世に現れて、世界中の男たちを甘美な世界へいざなう可能性がまったくないとは言い切れません。

ですが、産まれた子どもを哺乳瓶で育てるのだけはやめてほしい。お願いです。親子の愛情に欠けますし、後に子どもから、それで非行に走ったと言い訳に使われるのがオチです。

そこで男性が自らの乳(ちち)で子どもを育てることができるのか、今回は徹底的に検証してみたいと思います。

男の乳の話を持ち出すと、誰かがきっと呟くに違いありません。あんなモノは、単なるアクセサリーに違いない、と。

果たして、そうでしょうか。男の乳首というのは、ペンダントやブローチなんかと、大して変わらないシロモノだと断言してよいのかどうか、私は書きながらも常に迷っています。

男の乳首は役立たずか、それともそこには何か、得体のしれない使命が隠されているのか。

私はそんなことを考えながら、しばし自分の乳首に触れてみます。

たわいもない、と言われるかもしれませんが、はっきりいって、かなり気持ちがいいです。つま先のあたりを素通りするような感覚が腰、膝、足首を通り抜けていくのです。

お疑いの場合は、試してみてください。

なお、テクニック的には八の字を描く要領です。漢字の八ではありません。数字の8です。くれぐれも間違わないようにしてください。

かつて人間にも尻尾がはえていたと言われています。太古の昔に消滅したその部位に注目すれば、私の真意をたやすく感じ取っていただけるのではないかと、確信しております。

もしも私の感覚をご理解できない場合、私が変態呼ばわりされても困りますので、その節はこのくだりは即座に削除いたします。できれば正直な感想をお聞かせください。

とはいうものの、男の乳首には重大な欠陥が存在します。

おそらくあのままでは、赤ちゃんは決して男の乳首を口には含まないでしょう。機能的な問題ではありません。許せない部分は乳首ではなくて、実は乳輪にあるのです。

男性の乳首の周辺には、長い毛が生えてくる場合が多々あります。しかも一本だけ異常に伸びるのが、やつらの特徴です。

乳輪に生えた長い毛に目を瞑り、アクセサリーなどと、洒落た呼び名でかたずける気にはとてもなりません。うっかり赤ちゃんが口に含んだらまるで、つまようじを口にくわえているようになるじゃありませんか。

ここまでくるともはや、生命(いのち)に対する冒涜です。

剛毛は絶対に抜くべきです。根元を指で押さえて、一気に引き抜けば痛みはありません。

実践済みです。

しかもよくよく剛毛を検証した結果、乳輪に生えてくるあの毛は間違いなく、すね毛と同じ種類のモノだと断言します。ハッキリいって醜いです。下手すると、臭いです。

しかもあの剛毛は男の乳輪が、よほど好物であるらしく、女性には少ないそうです。悪夢としか言いようがありません。果たして宿命でしょうか。

どうせなら公平に、女性の乳輪にも剛毛一本やりを配置するべきです。でないと男の乳首には、何の魅力も未来もないと断言します。赤ちゃんに見向きもされない乳首に、どんな存在価値があるというのでしょうか。

男の胸から、乳首をなくす。

むしろ、剛毛だけを残せばよい。

とはいいつつも、結論を急ぐのは早計です。

彼を愛した男性のために、私は必死で、剛毛の生えた乳輪を弁護します。

なんと広い世界では、男のおっぱいで子育てをしたという記録が、いくつか残っています。

赤ちゃん

中国の本には、自分の乳を吸わせて孤児を育てた男の話が載っています。またドイツにも、妻を亡くした32歳の男性が、自分の乳で乳児を5か月間、育てたという記録があります。さらにアイルランドにも、似たような記録が残されているのです。

ひょっとすると、赤ちゃんにとっては乳輪に生えた一本の剛毛など、たいした障害ではないのかもしれません。

つまようじ上等、だって赤ちゃんには歯がないのですから。

剛毛に対する偏見も差別発言もなく、ただただ美味しい母乳を求めてやまない、それが一般的な赤ちゃんだとしたら、我々の認識は間違っています。

機能的にさえ満たしていれば、何の不服もなかったのです。

これは彼を愛した男性には朗報です。

女性ホルモンを注射すると、男性の乳房でも膨らんできます。しかも異常に膨らんだ乳房からは、女性男性を問わず、おっぱいが出てくるケースがあるそうです。

日本でも乳房が張って困った男性がおっぱいを押すと、本当にお乳が出てきたという記録が残っています。

ホルモンの異常が起こると、男性でも乳を出せる可能性が、わずかながらあるわけです。

何の役にも立たないと思われていた男性の乳首にしても、使い道はあると証明できました。ただし私は個人的に、あの剛毛だけは抜いてほしい、それだけを願うのみです。

男性の乳首はひょっとすると、アクセサリーではなくて、実用品かもしれないという、ある筋では衝撃的な事実をお伝えしました。

どうやら男性の乳首には、得体のしれない希望があるみたいです。

おめでとうございます。

彼を愛してしまった孤独な男性のために、私はこの記事を誠意をもって公開します。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

ショッパーズアイ 空いている時間を利用して、お店を覆面調査します。覆面調査員として活躍してみませんか。楽しい経験とお小遣いも稼げます。登録は無料なので、気軽に始められます。


原一探偵事務所 どうしても、真実を暴きたい。各種調査のお見積もり、ご相談(電話かメール)が無料です。24時間、365日受付中です。あなたは決して、独りではありません。


この記事を気に入ってくれた方には、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

www.8ssan.com

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。