読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

うちはな、金ではなびかへん

スナックで知恵といると、時折、似合わないことを言いました。

うちはな、金ではなびかへん

高校のときから被害者の会を連れて歩いていたくせに、よくもそんなことが言えるもんだと、感心した覚えがあります。

「出会いから最悪《わるぢえ》はとにかく質{たち}の悪いやつだった」からの続きです。

www.8ssan.com

前の記事から読んでもらったほうが分かりやすいですが、この記事だけでも完結しているので、問題はありません。

「なんやったら、なびくんや?」

私は聞きました。すると知恵はしばらく考え込んでから、顔を上げました。

「愛や」

思わず、吹き出しました。口の中の物がカウンターの上に飛び散ったんですから、たまりません。

「お前のほうが、あほやろ」

心おきなく笑い飛ばしてやりました。

「もうええわ。どうせ下ネタで、うちを遣り込めたつもりでおるんやろうけど、そうはいかんで」

どこが下ネタなのか、さっぱりわかりませんが、とにかく負けん気の強い知恵は、やられたままでは引き下がらろうとはしません。

「算数の問題、出したるわ。それを解いたら、潔く負けを認めたる」

好きなようにやらせてやろうと思いました。

「お酒の在庫が十本ないと営業できないお店があって、そこの店には現在、十五本のお酒があります。ところが今夜はたくさんのお客さんが来て、十本のお酒がなくなりました。さて、明くる日には何本のお酒を仕入れる必要があるでしょうか?」

機嫌良く知恵が演説しています。

「お前、俺を馬鹿にしてるんか?」

「なーんも、馬鹿になんかしてへんよ。はよ答えてみ」

まるで小学校の先生のような口調でした。

「最低、五本や。でないと営業でけへんやろ。それ以上でもかめへんけど、お金の都合で二本だけしか仕入れがでけへん、なんていうのはあかんぞ。インチキや」

馬鹿馬鹿しいとは思いながらも、私は真面目に答えました。

「ぶぅぶーっ」

知恵は唇を突き出しながら、駄目出しをしました。

「お前、またなんかズル考えてるやろ」

「ズルやない。きっちりした算数を教えたるわ」

知恵は得意げな顔をしながら、鼻の頭をつんと上に向けました。

「十本のお酒がなくなったわけやから、うちが言うてる店には十本の空き瓶があって、五本のお酒が残ってるわけや。そうやな?」

「そりゃそうや」

「ということはや。残った五本の封を開けて、それを空き瓶の十本と在庫の五本に、満遍なく振り分けるんや」

「そんなことをして、いったいどうするつもりや?」

「後はボトルが一杯になるまで、水を足すんや。それが終わったら封をし直したらええ。これでまた、十五本のお酒に戻ったわけや。十五本やったら余裕やし、営業もできるから、仕入れはいらんというのが、大正解や。これをしばらく繰り返してもええんやけど、やり過ぎは何でもあかん。注意せなあかんで」

「あほなこと言わんとき」

話が終わると、ママがきつい口調で知恵をたしなめました。

「薄くなってしまうから、そんなことをしても、すぐにバレてしまうやろ」

「あほやな。あんたかて、水割りを飲んどるやろうが。五本もあったら十分や。どうせ薄めるんやし、おんなじことや。誰も気づいたりはせん」

茫然としながら、目の前にある水割りのグラスを見つめ直しました。

「やっぱり、うちの勝ちや」

勝ち誇った顔で、知恵のやつが笑っています。

知恵はカウンターに肘を突いて、子供のような顔をしました。

「姉ちゃんを、呼んできたろか?」

「なあ知恵。なんであんなことをしたんや?」

今さらではあったんですが、知恵が退学になった原因が知りたくなりました。

「あんなことって?」

「校庭で暴れたやろ、あれや。なんか理由があったんやろ?」

知恵はしばらく黙ったあと、ソルトの入れ物や爪楊枝の入れ物や、ペッパーの入った瓶を持ってきて、三つの容器を私の前に並べました。

「これは、うちや」

知恵がソルトの入れ物を指さしました。

「それから、これがあんたや」

爪楊枝の入れ物が、俺だと言います。

「最後に、これが姉ちゃんや」

何のことだか、さっぱり分かりません。

「うちはな、舐めると辛いんや。ほんで、あんたは先が尖っとる」

「お前は何が言いたいんや?」

「まあええから、最後まで聞きぃや」

知恵はペッパーの入った容器を持ち上げました。

「手ぇ出してみ」

言われたように片手を前に置くと、知恵のやつは掌にペッパーを振りかけました。

「舐めてみ」

笑いもせずに、私の顔をじっと見つめました。仕方がないので、言われたようにしました。

「どうや、ぴりっとするやろ?」

私のほうに顔を寄せてきて、当たり前のことを真顔で訴えました。

「姉ちゃんはな、ぴりっとしてるんや。よう覚えとき」

どうやら私の質問に対して、知恵はまともに答える気はなさそうでした。

知恵はあのとき、私に何かを伝えようとしていたのかもしれません。でも当時の私は気づいてやることができませんでした。

「それからな、社長の娘とはいつデートするん?」

今度は体を少し後ろに引き、軽い調子で知恵が尋ねました。

得意先の社長のお嬢さんには障害があって、そのお嬢さんのお守りを頼まれていることを、前に知恵に相談したことがあったのです。

どうやら都合が悪くなったので、話を逸らしたのだと、私は感じました。

「お前には、関係のない話やろ」

「社長の娘はいったいどんな味がするんやろ。シュガーちゃんみたいやったら、ええのにな」

それからすぐに知恵はカウンターを出て、奥のボックス席へ向かいました。

知恵が言った社長の娘というのが、私にとって、非常に思い出深い存在となります。実際に会ったのは一度だけですが、記憶の中で、他を圧するほどのインパクトで今も残り続けています。

長くなりましたので「知恵の姉ちゃんが、私を訪ねて来ました」へ続きます。

www.8ssan.com

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ:

www.8ssan.com

わるぢえ:

www.8ssan.com

別の世界に住む家族:

www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹:

www.8ssan.com

逆さに見える空:

www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。