駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

ミニマリストブログ、ケチとの違い

私はもともと、ミニマリストというのは、都会に暮らすアーミッシュのようなもんだと思っていました。

ミニマリストブログ、ケチとの違い

しかしよくよく調べてみると、あまりはっきりとした定義がありません。人によって捉え方がまるっきり違うし、これぞミニマリストというものが、見当たらないというのが正直なところです。

私の認識不足も、確かにあります。しかし私はミニマリストというものは、もっと哲学的な要素が含まれているもんだと勝手に解釈していました。その意味では少しがっかりしています。

ミニマリストというのはどうやらもっとお手軽で、現代的な人種のことをいうのかもしれません。スティーブ・ジョブズの黒のタートルが、ミニマリストの象徴と言うような人もいるようですし、ひょっとしてファッションか、などと疑ったりもしています。

よくよく考えてみれば、何にでも器と中身というものがあります。

ミニマリストにもやはり、器と中身があるはずです。ジョブズの黒のタートルなんて、私にはミニマリストを定義する上での、ただの器でしかありません。

器にばかり目がいくと、本質が見えてきません。

ちょうど下手な素人ゴルファーが、道具ばかりに凝るのと同じような理屈です。

そもそもミニマリストを知っている人が、私の周囲にはほとんどいないことが混乱する原因でもあります。だから教えてもらうわけにもいかないのです。

しかしミニマリスト自身がリアルな現実の世界では、あまり見かけない人種であることも混乱の一因でしょう。私の周りでは、ミニマリストらしき人はほとんど見当たりません。

にもかかわらず、ネットの中にはミニマリストを名乗る人がうようよいます。

不思議ですが、本当です。現実のミニマリストを見たことはありませんが、ネットミニマリストと遭遇する機会はそれほど難しいことではありません。

何やら、家にあるものを、大量に捨てているらしいです。捨てればミニマリストになれるのかと考えると、なんだかえらく簡単なものだと思いましたが、そんな単純なものでもないだろうと思い、ネットでもっと調べてみることにしました。

しかしやはりミニマリストなるものが、はっきりしません。定義しているサイトが見当たらないのです。

Apple

謎です。

ミステリアスな雰囲気を持った、家のモノを捨てまくる人がひょっとすると、ミニマリストなのかもしれないと思いなおしてみました。

しかしそれだけのことならば、何もミニマリストなどという、たいそうな名前を付けることもないだろうし、困ったもんだと頭を抱えていると、ミニマリストという言葉をリアルで初めて、知っている友人と話をする機会を得たのです。

友人曰く。

「だからさ、ミニマリストなんて、ただのファッションでしかないのさ」

私はこれに反論します。

「そうでもないだろ。ミニマリストの考え方は、Less is More、量より質っていうことだろ」

友人は不敵に笑いました。

「ネットで調べて、知ったかぶりの受け売りかい」

ハッキリ言いますが、図星です。

「じゃあ、聞くけどさ。ミニマリストと貧困の違いは? 持ちたくても持てない人っていうのは、ミニマリストに含まれるのかい」

今度は友人が私に質問しました。

「だから言ってるじゃないか。ミニマリストは質も量も選択できる人が、質を選ぶっていうことなんだよ」

私の説明は、私自身にも訳が分かりません。

「じゃあさ、ミニマリストとケチとの違いはどうなってるんだ?」

友人はどこまでも、私を追いつめる気のようでした。

「ケチは節約のために金を使わないが、ミニマリストは質を得るためには、お金を使うんだよ」

私もこうなったら、引くに引けなくなっていました。負けず嫌いが爆発します。しかし友人は驚くほど口が達者で、おまけに、ああ言えばこう言うの連続技です。そのうち友人が、とんでもないことを言い出しました。

「要は、払えても払わない子供の給食費というのが、最少主義者の究極の姿じゃないのかい」

「違うでしょ。いくらなんでも――」

絶句しました。

そのあと友人が、私にとどめを刺します。

「そんなにミニマリストになりたければさ、ただ宣言すればいいだけのことなんだよね」

「どういうこと?」

「だからね、ファッションっていうのは、宣言した時から始まるんだよ。だから私はミニマリストだと言えば、もうその人は今日から正真正銘の、ミニマリストっていうわけさ」

友人はどこまでも小ばかにしたような態度で、私を諭します。こうなったら友人の言葉を無視して、私は受け売りの宣伝文句を展開します。

「アップルのサービスこそが、最少主義者にとっての究極の形なんだと思う」

言い切るのも気が引けたので、謙虚な言葉づかいで応戦しました。ところが友人は、私の態度にも、一向に怯みません。

「がらんとしたオシャレな部屋に、アップルのコンピューターとかが、ポツンと置いてあれば、最高っていうんだな。結局、それが最少主義者っていうわけかい」

言われてみれば、私は実感として、何も感じ取っていなかったのかもしれません。ミニマリストとケチとの違いでさえ、明確には答えられなかったのですから。

それでいて、ブログではミニマリストという言葉を、再三にわたって使用しています。底が浅いと言われても仕方がありません。でも友人の「払えても払わない子供の給食費というのが、最少主義者の究極の姿」というのは、いくらなんでも言い過ぎだと思います。

多少の皮肉を込めて、私は友人に対して、最後の反撃を試みました。

「たくさん持っている人は幸せには程遠いが、最少主義者はほんの少しの変化でも、幸福を味わうことができるんだ。それがミニマリストの、崇高な理念なんだよ。誰が何と言ってもね」

友人は横目で私を睨んで、ウインクしました。

「だからさっきから、私はミニマリストだと宣言しろって、何回も言ってるだろ。それで俺たちも、こんな不毛な議論から解放される。やっとおいしいビールが飲めるっていうもんさ」

仕方がないので、私はしがない居酒屋で、皮肉屋の友人を前にして、思い切って宣言してやりました。

「私はこれから、ミニマリストになります」

悔しいですね。はっきり言って、友人の思い通りです。

しかし友人の私への指摘は、どこまでも的確です。私にとってミニマリストは、今のところファッションでしかありません。でもこれから調べ上げて、なおかつ掘り下げて、自分なりの定義を確立したいと思っています。

果たして、ミニマリストの正体がなんであるのか、今のところ私には想像すらもできませんが、宣言した限りは、少しでも本物のミニマリストに近づけるように、頑張ります。

この記事はサブブログの記事をこちらへ移したものです。サブブログを整理中です。

ダイエットにしろ、ミニマリストにしろ、物事を達成するためには、それなりの方法が存在します。

hal1.net

hal1.net

この二つの方法はきっと、役に立ちます。要約すれば、必ず、達成できる5つの事柄を書きだして、朝晩、読み上げろという内容です。必ず達成できる項目なので、毎日、達成感と共に幸せな気分を味わえます。幸せな気分はやがて本物の幸せを運んでくれます。

もしもダイエットに興味があれば、こういうのもあります。

hal1.net

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

ショッパーズアイ 空いている時間を利用して、お店を覆面調査します。覆面調査員として活躍してみませんか。楽しい経験とお小遣いも稼げます。登録は無料なので、気軽に始められます。


原一探偵事務所 どうしても、真実を暴きたい。各種調査のお見積もり、ご相談(電話かメール)が無料です。24時間、365日受付中です。あなたは決して、独りではありません。


この記事を気に入ってくれた方には、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

www.8ssan.com

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。