読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

海水は水不足の切り札になるのか

20世紀の戦争は油の戦争だったと言われています。

海水は水不足の切り札になるのか

そして今世紀に戦争が起こるとしたら、それは水の戦争だと予言する人がいます。

これからさらに世界中が水不足に悩まされるのは、確実です。それに比べれば、日本ははるかに恵まれていると言えますが、それでもやがて、日本にも水をめぐるトラブルが起こるだろうことは、予測できます。

では海水は、水の代用品になり得るのでしょうか。

宇宙飛行士は、船内で自分のオシッコを浄化して飲んだりしています。だとしたら、海水を浄化すれば水不足の決め手になりそうに思うのですが、どうやらそう甘くはいかないみたいです。

人間が生存するためには、水は欠かせないモノです。

それと同時に塩分も重要な要素であることは間違いありません。

味噌汁やスープは、水分と塩分が程よく混ざりあった食品です。

海水もまた、同じように水分と塩分が混ざり合った液体ですが、普段、人間は海水を飲料水として使うことはありません。ではいったい味噌汁やスープと、海水はどこがどう違っているのでしょうか。

地球上に大量にある海水を飲料水として使用できれば、水の戦争も簡単に回避できそうに思います。世界の平和を維持するためにも、ぜひ海水を使うべきだと、単細胞な私などは直線的な考え方に走るわけです。

ところが私の考えはどうやら、浅はかすぎるようです。

結論から先に言えば、海水は水の代わりにはなりません。

塩分が強すぎるのです。

日本人は普段、一日に水分を三リットル、塩分を十三グラム、摂取していると言われています。ところが海水には一リットルに、約三十五グラムもの塩分が含まれています。

一日に三リットルの海水を飲むと、約百グラムもの塩分を摂取することになるのです。標準的な塩分の摂取量から言いますと、八倍ほどの量になります。

これでは体を壊します。

「塩分の摂り過ぎには注意をしましょう」などと言ったCMどころの騒ぎではありません。

それを回避するためには、いったいどうすればいいのでしょうか。

解決策はあまりにも簡単ですが、どうしようもなく皮肉な結果と言えるでしょう。摂りすぎた塩分を薄めるためには、真水を飲むしかないのです。

これでは本末転倒です。海水を飲んだために、余計に水が必要になるわけです。

溺れかけて海の水をしこたま飲んだりすると、余計に喉が渇きます。遭難した船の船長が、どんなに喉が渇いても海水だけは飲むな、と言っているのを、映画で見たことがあります。

やはり海水は、簡単には飲料水にはできないわけです。

だったら浄化すればいいじゃないか、と私なんかは思います。オシッコだって浄化できるんだら、海水だってできるだろうと、簡単に考えたりするわけです。

ところが宇宙船内で、数人の飛行士が飲む水を浄化するのと、何十億という人が飲む水の量では、あまりにも違いすぎます。

これも現実的な解決策にはならないでしょう。

ゆえに今世紀の水の戦争は、避けられないのでしょうか。

水に関しては恵まれすぎていた日本人も、近い将来、とんでもないことを経験するかもしれません。

水の値段が高騰すると根も葉もないうわさが流れ、かつて日本人が経験したオイルショックと、同じようなことがまた起こる可能性があります。

まさにウォーターショックです。

通りの向こう側で誰かが騒ぐと、こちら側の人間も慌てて叫び声をあげます。直線にしか伸びないメディアしかなかった四十年前でさえ、人々はトイレットペーパーを目の色を変えて取り合ったのです。

今やどの角度にも伸びていけるSNSを手に入れた我々は、小石を川に投じる前に幾重もの波紋を描き出しても不思議ではありません。

これからたとえ、どんな現実を見せられたとしても、自分の頭で考えて判断することを常に忘れずに、自分の考えと他人の考えを、冷静に区別することを心がけていく必要があります。

世の中は常に、意図的な意思で誰かに動かされています。

地球の自転でさえも、ひょっとするとそうであるかもしれません。

昆虫が暑さのために、アスファルトの上に身を投げ出すように、一番偉いはずの人が実は、誰かに指示を受けている可能性だってあるのです。

騙されるはずのない人がオレオレ詐欺に引っかかるように、自分だけは大丈夫だと考えるのは早計です。

どうか科学の進歩が、すべての人に行き渡る未来が訪れることを、無力な私はただひたすら、祈ることしかできません。

それはひどく、残念なことではありますが。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

www.8ssan.com

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。