読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

検索ランキングが不安定で困っているときの、はてなブログでの対処法

毎日、更新などと言われて、文字数の少ないページを大量に作ってしまうと、Googleの検索結果で大変厄介なことになります。

検索ランキングが不安定で困っているときの、はてなブログでの対処法

私はつい一週間ほど前まで、WordPressを使ってブログを運営していました。

二か月ほど前にブログを制作して、Googleのヨーヨー現象と言われている、検索ランキングが不安定に乱高下することに、しばらく頭を悩ませた経験があります。

検索で調べ尽くした結果、原因の見当はほぼつきました。

原因さえつかんでしまえば、WordPressには豊富なプラグインがあります。対処法は至極、簡単でした。

ところが、はてなブログの場合は深刻です。

移転してから気づいたのですが、正規の方法ではWordPressと同じ対処法が使えなかったのです。

さあ大変です。

記事はもうほとんど、はてなブログに移しました。このままではまた、Googleの検索に支障が出てしまいます。

困った私が頼るのは、やっぱりネットしかありません。

あちこちを探した結果、はてなブログでも何とか、Googleヨーヨー現象を防ぐ手だてが見つかりました。

Googleヨーヨー現象というのは、いったいどんな症状なのか、私のブログを例にとって詳しく説明していきます。

もしも同じような現象で悩んでいる方がいましたら、私が行った方法を試してください。かなりの確立で改善するのではないかと思います。

これから紹介するのは、私のサブブログです。

最初に断っておきますが、そちらへ誘導する意志はまったくありません。実際にどんなページを作ると、サイト全体の検索にまで影響が出るのか、それを例として取り上げているだけです。

気になる方はクリックしないでください。

サブブログの精油カテゴリーの記事へ飛びます。 hal1.net

上記のURLで表示されるカテゴリーには、精油の紹介記事が13ページあります。

一枚ずつ見ていくと、どれも似通っていて、しかも文字数が極端に少ないことにお気づきでしょうか。

文字数が少ないといっても、400文字くらいはあります。

それでもおそらくは、このくらいの文字数の記事が多数あると、検索には不利に働くようです。

似たようなページが多数、存在していることも原因の一つかもしれません。

詳しくは断定できませんが、この13ページがGoogleにIndexされることによって、ブログの検索結果に著しく支障が出てしまうのです。

このブログではダイエットを扱っています。

「読むだけで痩せる」「読むだけでリバウンドしない方法」「食べた気になる方法」などのキーワードで検索すると、これまでは一枚目で表示されるのが常でした。

それが上の13枚の記事がIndexされてしまうと、一週間ほどで圏外へ消え、またしばらくすると戻ってくるというような、怪しげな動きを繰り返すようになるのです。

しかもキーワードによっては影響を受けないものもあり、非常に原因がわかりづらい状況がしばらく続きました。

なんとか改善の糸口を見つけようとして、ネットで懸命に調べました。

上記のような症状の場合は、バックリンクが原因ではないかいう記事をたくさん見かけましたので「Googleのリンクの否認」で、被リンクを消していくというところから、まず始めました。

けれども、状況は改善しません。

そこで今度はGoogleが「内容が薄い」と判断したサイトには、自動でペナルティーがあるという記事を見かけて、それが原因かもしれないと当たりをつけたわけです。

内容が薄いと判断したサイトには何らかのペナルティーがあり、それを回避するためには、短い記事は思い切って削除するか、もしくは複数のページをまとめて、内容が充実した一枚のページを作るようにと、Googleは推薦しています。

私はこれを見つけたとき、小躍りして喜びました。

WordPressでは、特定のページをIndexさせないようにするプラグインがありましたので、早速、それを導入して様子を見ます。

しばらくすると、私のブログの検索結果が落ち着きを取り戻し、圏外に消えるというような大きな変化はなくなったのです。

めでたしめでたし、だったのですが……。

このたび私はなぜか、はてなブログへの移転を計画し、上のような事態で苦労したことなど記憶の片隅に消したまま、脳天気にもエクスポートにインポートを繰り返す所業に至りました。

記事に関しては移転に成功、それほど手間がかかったわけでもなく、満足感に浸りながらコーヒーをすすって一休み。

ほぼ作業も終わった頃にふと、Googleのヨーヨー現象なるものを思い出したのです。

そうだ、Indexさせると具合の悪いページがあったなと、独り言をつぶやきながら対処の方法を模索します。

正直に言いますと、簡単に見つかるだろうと高をくくっていました。

はてなブログの場合、「検索を避ける」というチェックボックスが、詳細設定にあります。

ところがこれには問題がありました。

これをチェックすれば、確かに検索エンジンに登録させない「noindex」の指定はできます。だけどこれだと、ブログ全体に適用されてしまうのです。

それは非常にまずいです。

ブログ全体がGoogleと縁を切る結果になってしまうんですから、論外です。

「headに要素を追加」というのもあるんですが、これもやはり、ブログ全体に適用されてしまいます。

ひょっとすると、はてなブログではページごとの「noindex」の指定はできないのかもしれない。そんな風に黄昏れて、途方に暮れかけていたときに、いきなり救世主が現れました。

同じようなことを考えていた人が、もうすでにいたんですね。

きりんの自由研究さんです。 giraffyk1.hatenablog.com

Javascriptでmetaタグを記述してねじ込んでしまうという、かなりの力業ですが、私のサブブログではうまく機能しています。

<script type="text/javascript">
<!--
var doc = document;
var head = doc.getElementsByTagName("head")[0];
var meta = doc.createElement("meta");
meta.setAttribute("name","robots");
meta.setAttribute("content","noindex");
head.appendChild(meta);
// -->
</script>

このスクリプトを挿入するのは、記事本文の先頭部分です。

私は見たままモードで編集しました。挿入するにはHTML編集モードで行います。

(申し訳ありませんが、Markdown記法やはてな記法では試していませんので、それぞれの責任で行ってください。)

下手にプレビューとかして戻ってくると、スクリプトをPタブで囲まれたりしますので、一番最後に挿入し、そのまま記事の更新ボタンを押してください。

くれぐれも言いますが、挿入する部分は記事の先頭です。

更新したあとは、記事のソースなどで変なタグに囲まれていないかどうかを確認します。

これでこのスクリプトを挿入した記事は、GoogleのIndex対象から外れたわけです。当然、検索結果にも出てこなくなります。

私のブログで、ちゃんと機能しているかどうかの確認方法は以下です。

site:www.hal1.net

Googleがメインの検索となっているブラウザで、上の文字をURL欄にペーストすると、私のブログでIndexされている記事が表示されます。

そこには、精油の紹介ページの13ページは載っていません。つまり、内容が薄いと判断された13枚のページは、Indexされていないというわけです。

私の場合は、移転するときにURLも変わりましたので、すぐに効果が出て、site:のページにもまったく表示されていませんが、今までIndexされていたページの場合は、noindexが有効になるまでに、しばらく時間がかかると思います。

またsite:のページから消えていなくても、noindexが有効になっていると、検索結果に表れてきますので、効果は実感できるはずです。

ただし、それも反映されるのに、しばらく時間がかかるでしょう。

せっかく書いたページを削除したくない場合は、かなり役に立つ方法だと思います。

もしも根本的に記事をリライトできるのであれば、最低600文字くらいのページにして、類似のページをなくす必要が出てきます。

それが億劫であれば、文字数の少ないページは削除するというのも一つの選択肢です。

またはGoogleが推薦しているように、文字の少ないページを複数集めて、一つのボリュームあるページに編集するというのも良いかもしれません。

それらの方法がどうしてもしっくりこない場合、上記のスクリプトを試してみてください。

はてなブログの場合は、毎日更新しろ、なんていうノウハウがまかり通っているので、無理をして文字数の少ないページを公開しているブログが多数、見受けられます。

そういうブログの場合、検索に異常が出てきたと思ったら、上のいずれかの方法で対処するとよいかもしれません。

ページごとの「noindex、nofollow」指定に、公式で対応してもらえると、こういったやや強引なやり方に頼ることもなくなるので、非常に助かります。

どうぞ、よろしくお願いします。

Google先生とぜひ、仲良くしてください。

以上です。最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

このページを気に入ってくれた方には、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。