読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅前第四ビルが愛した植樹

何も持たない君に、武器はもう必要ない。

憂歌団が歌っています

私はいつも、記事を書くときには実弾を込めたいと願っています。でもやっぱり、難しいですね。

憂歌団が歌っていた

高校のとき、私は音楽が好きで、歌うのがもっと好きで、いつもギターの弾き語りをしていました。

大してうまいわけではなかったのですが、自分の曲を作ることに没頭していました。確か何十曲も作った記憶があります。でも今では一曲も覚えていないので、正確な数字はわかりません。

私は生意気で不遜でした。

人への思いやりにも欠けていました。

大学四年のとき、かまやつさんが審査員長を務めていた、第一回千里音楽祭というものがあって、私のグループはそこでグランプリを貰いました。

私はベースを弾いていましたが、残念ながらプロになったのは、ボーカルの女の子だけでした。

そこでひょっとしたら、私は音楽といったん縁を切ったのかもしれません。

諦めたのかもしれないと、思うのです。

社会人になったら、自作の曲を作る時間なんかなくて、そもそもギターを弾く暇もないくらいに、忙しく消耗するしかない時が、私の退屈だった時間と入れ替わりました。

結婚をして子供が出来て、必死に働いて、私は私が作った曲を次々に忘れてしまい、ヘッドホンを被ることもなくなって、それが普通になった日常を何の疑問も持たずに受け入れるようになっていました。

朝起きてから夜中まで、音楽以外のことを考えながら生活をしていました。

それに何の不服もなかったのです。

それから長い年月、私の世界には音の入る隙間などありませんでした。

だからと言って、私にとっては何の不足もなくて、ギターなんか見たくもなかったし。喉を枯らして歌うなんて、恥ずかしくてもうできないと思っていたのです。

別に音楽なんて、一欠けらも、欲しいとは思いませんでした。

心を抉られるような音の繰り返しも、泣き声のようなギターの音色も、拭いきれないほど、胸に食い込んでくる歌詞の連続も、私には何の価値もなかったのです。

確かに私は、そう思っていました。

私は学生のころPPMにはまっていて、パフは魔法の竜などと口ずさむのが癖でした。

ギターとの出会いはスリーフィンガーです。底抜けに明るい曲を好んでいたように思います。それからしばらくすると、ブルースの虜になります。

しかも私は、大阪のブルースが好きでした。

憂歌団は大阪で生まれた、大阪の血が流れたブルースを演奏していました。

「おそうじオバチャン」でデビューすると、一週間後には「掃除婦に対して差別的な歌である」と言われて、放送禁止処分を受けました。すると彼らはのちに「嫌んなった」という曲をリリースするといった具合です。

大阪が生んだブルースは、悲しいくらいにユーモアがあって、口から毒をまき散らします。

ビール瓶の先っちょを切って、それに指を突っ込んで、ギターの弦をいじめ倒す。内田勘太郎のギターは最高で、私はいつもコピーばかりしてました。

木村充揮のボーカルは爆弾です。最初から最後まで爆発しているので、私の喉はすぐに枯れて、降参するしかありませんでした。

彼らの曲を聞いていると、心の奥底まで揺さぶられました。

どうしようもなくチープで、恥知らずで、憶病でした。

いつだって怖がっていた私と同じように、世間にどこか怯えているような歌声にしびれていたのです。

大阪の天王寺に、まだ野外音楽堂というものがあった時代に、しょぼい石のステージで、黒い学生服を着た高校生がよくギターを抱えて歌っていました。私は憂歌団の曲を聞くと、あの石のステージをなぜか思い出すのです。

でも私はやがて彼らを忘れ、彼らも1998年に、バンドの冬眠を宣言して、もう思い出すこともなくなったはずでした。

それが2012年になると、バンドのメンバーの自殺が報じられて、2013年には再結成の運びとなり、あれよあれよと言う間に復活を遂げました。私がそれを知ったのは、今年に入ってからのことですが、ネットで見つけて、懐かしさにかまけてYoutobeで検索し、最初にヒットした曲を聞いてみました。

憂歌団 胸が痛い
もう爆弾でもなく、口から毒もまき散らしてはいませんでしたが、名曲でした。

確かに、名曲だと思います。

とにかくあのころのように、憂歌団が歌っています。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

www.8ssan.com

www.8ssan.com

www.8ssan.com

他のカテゴリーの、先頭の記事を紹介します。

ルーツ: www.8ssan.com

わるぢえ: www.8ssan.com

別の世界に住む家族: www.8ssan.com

駅前第四ビルが愛した植樹: www.8ssan.com

逆さに見える空: www.8ssan.com

などがあります。時間があれば、ぜひ読んでください。よろしくお願いします。